コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限界濃度

世界大百科事典 第2版の解説

げんかいのうど【限界濃度 limiting concentration】

物質の確認反応や検出反応において,その反応や方法によって検出されうる物質の最低濃度をいう。特異試薬との反応を利用して特定物質の確認(または検出)を行うことを確認反応と呼び,このとき確認された物質の最小質量を,その物質に対する確認限界(または検出限界)という。一方,限界濃度の概念は微少量物質の確認を目的として溶液中の物質の最低濃度を表すので,通常は溶液の単位体積1ml中のμg単位の物質量,すなわちμg/ml=ppmの単位で表示する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

限界濃度の関連キーワードジフェニルアミン反応ホーフマイスター系列ホフマイスター系列ネスラー試薬合金の析出ガス爆発

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android