院範(読み)いんぱん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

院範
いんぱん

鎌倉時代初期の院派仏師院尊の子または弟子院実の弟子ともいう。建久5 (1194) 年院尊らと東大寺大仏光背の制作に従事建暦3 (1213) 年法勝寺造仏の功を院実から譲られて法印となる。天福1 (33) 年院雲とともに京都,宝積寺の『十一面観音像』を造立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

院範 いんぱん

?-? 鎌倉時代の仏師。
建久5年(1194)院尊にしたがい,東大寺大仏の光背をつくる。建暦(けんりゃく)3年法勝寺九重塔の造仏で法印となる。天福元年京都宝積(ほうしゃく)寺の十一面観音像(現存)を制作。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

院範の関連情報