コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院範 いんぱん

2件 の用語解説(院範の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

院範
いんぱん

鎌倉時代初期の院派の仏師。院尊の子または弟子,院実の弟子ともいう。建久5 (1194) 年院尊らと東大寺大仏の光背の制作に従事。建暦3 (1213) 年法勝寺造仏の功を院実から譲られて法印となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

院範 いんぱん

?-? 鎌倉時代の仏師。
建久5年(1194)院尊にしたがい,東大寺大仏の光背をつくる。建暦(けんりゃく)3年法勝寺九重塔の造仏で法印となる。天福元年京都宝積(ほうしゃく)寺の十一面観音像(現存)を制作。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

院範の関連キーワード定慶阿円運賀運助海覚覚西康運幸有勝円宗慶(1)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

院範の関連情報