コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

除去付加酵素 じょきょふかこうそlyase

1件 の用語解説(除去付加酵素の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょきょふかこうそ【除去付加酵素 lyase】

リアーゼともいう。基質からある原子団をとり去って二重結合を残す反応,またはその逆方向の,二重結合に対する付加反応を触媒する酵素の総称。触媒する反応の種類によってさらにいくつかの類型にわけられる。以下にその数例を示す。 (1)カルボン酸カルボキシル基を炭酸として離脱させるカルボキシリアーゼ類(デカルボキシラーゼまたはカルボキシラーゼ)。たとえばアルコール発酵に関与するピルビン酸デカルボキシラーゼ。(2)アルドール縮合およびその逆反応を触媒するアルデヒドリアーゼ類。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone