コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰旋法 インセンポウ

百科事典マイペディアの解説

陰旋法【いんせんぽう】

明治以来日本伝統音楽の音組織の一種として,一般に考えられてきた半音を含む旋法。ほぼ都節(みやこぶし)音階に当たる。しかし現在ではこの概念は,日本伝統音楽の音組織は旋法ではなく音階であること,これに対する陽旋法の概念が混乱していることなどの理由で誤りとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

いんせんぽう【陰旋法】

半音を含む五音音階。江戸中期以降の三味線・箏そうを用いる邦楽に主に使われている。陰旋。 ↔ 陽旋法

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

陰旋法の関連キーワード長音階[Major scale (英), Durtonleiter(独), gamme majeure(仏), scale maggiore (伊)]刈干切唄都節音階歌謡曲田舎節山歌軍歌

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android