都節(読み)みやこぶし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都節
みやこぶし

日本音楽用語。上原六四郎が『俗楽旋律考』のなかで用いた言葉で,主として近世の都市の音楽で用いられる音階をさす。彼は日本の音階は五音音階であり,都田舎節 (民謡などの音階) の2つに分けられると説き,前者を陰旋,後者を陽旋と名づけた。のちに小泉文夫は完全四度枠のテトラコードの存在に注目し,その中間音の位置により民謡,律,都節,沖縄の4種のテトラコードがあること,そのうち近世邦楽によく現れるのが「都節のテトラコード」であり,その接合により「都節音階」が成立することを明らかにした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みやこ‐ぶし【都節】

日本音楽の音階の名称。半音を含む五音音階のことで、主に江戸時代の都会に発達した音楽に用いられる。明治中期に上原六四郎が命名。陰旋法。→田舎節

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みやこぶし【都節】

上原六四郎(1848‐1913)が《俗楽旋律考》(1895)の中で命名した日本の音階の名称の一つ。江戸時代に都会で発生し流行した芸術音楽(義太夫や長唄など)に多くみられる,半音を含む音階(陰旋法)で,民謡などの田舎節(いなかぶし)と名づけられた半音を含まない音階(陽旋法)と対立する。 小泉文夫(1927‐83)は《日本伝統音楽の研究》(1958)の中で,日本の音階に核音とテトラコルド(4度音列)が存在することを明らかにした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みやこ‐ぶし【都節】

〘名〙 都太夫一中が創立した一中節のこと。
洒落本・通俗雲談(1813か)二「都ぶしはどこで始まって、どこでおさまるといふ事を知っているかへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

都節の関連情報