コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都節 みやこぶし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都節
みやこぶし

日本音楽用語。上原六四郎が『俗楽旋律考』のなかで用いた言葉で,主として近世の都市の音楽で用いられる音階をさす。彼は日本の音階は五音音階であり,都田舎節 (民謡などの音階) の2つに分けられると説き,前者を陰旋,後者を陽旋と名づけた。のちに小泉文夫は完全四度枠のテトラコードの存在に注目し,その中間音の位置により民謡,律,都節,沖縄の4種のテトラコードがあること,そのうち近世邦楽によく現れるのが「都節のテトラコード」であり,その接合により「都節音階」が成立することを明らかにした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みやこ‐ぶし【都節】

日本音楽の音階の名称。半音を含む五音音階のことで、主に江戸時代の都会に発達した音楽に用いられる。明治中期に上原六四郎が命名。陰旋法。→田舎節

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みやこぶし【都節】

上原六四郎(1848‐1913)が《俗楽旋律考》(1895)の中で命名した日本の音階の名称の一つ。江戸時代に都会で発生し流行した芸術音楽(義太夫や長唄など)に多くみられる,半音を含む音階(陰旋法)で,民謡などの田舎節(いなかぶし)と名づけられた半音を含まない音階(陽旋法)と対立する。 小泉文夫(1927‐83)は《日本伝統音楽の研究》(1958)の中で,日本の音階に核音とテトラコルド(4度音列)が存在することを明らかにした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みやこぶし【都節】

主に江戸時代の都会で行われた音楽の旋律または音階。陰旋法。 → 田舎いなか

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

都節の関連キーワード東南アジア音楽さんさ時雨八橋検校5音音階陰音階黒田節箏曲

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都節の関連情報