コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都節音階 ミヤコブシオンカイ

デジタル大辞泉の解説

みやこぶし‐おんかい【都節音階】

近世邦楽に多く用いられる五音音階。洋楽階名のミ・ファ・ラ・シ・ドの五つの音からなる。陰旋法とほぼ同義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

都節音階【みやこぶしおんかい】

日本の伝統的な音階の一つ。箏・三味線の音楽などで基本的に用いられている音階。5音音階で,たとえば,ミファラシドミに当たる。二つの〈都節のテトラコルド〉(ミファラのように中間音が下から短2度にある完全4度のわく)により構成されている。
→関連項目黒田節さんさ時雨

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

みやこぶしおんかい【都節音階】

日本の五音音階の一。各音の音程関係は洋楽階名のミ・ファ・ラ・シ・ドと同じ形。近世邦楽に多く用いられる。陰音階。陰旋法。 → 五音音階

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の都節音階の言及

【音階】より

…すなわち,古くは雅楽の〈呂〉〈律〉の対概念を基本として,〈半呂半律〉というような概念まで生じたが,明治以降〈呂旋(法)〉〈律旋(法)〉に整理された。これに対して近世邦楽や民謡などにおける音階または旋法の種類を表す用語としては,〈陰旋(法)〉〈陽旋(法)〉という対語も生まれ,これを〈陰音階〉〈陽音階〉あるいは〈都節音階〉〈田舎節音階〉などという(上原六四郎)場合もある。さらに,田辺尚雄などは,音階と旋法とを区別して,これらの用語を使い分けることもあった。…

※「都節音階」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

都節音階の関連キーワード近世邦楽5音音階

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android