コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳勝・呉広 ちんしょうごこうChén Shèng,Wú Guǎng

世界大百科事典 第2版の解説

ちんしょうごこう【陳勝・呉広 Chén Shèng,Wú Guǎng】

?‐前208
中国,末の農民反乱指導者陳勝は陽城(河南省方城県)の人で字は渉(しよう)。呉広は陽夏(河南省太康県)の人で字は叔(しゆく)。ともに秦の2世皇帝の元年(前209)7月に辺境防備のため徴発され,900人の里人とともに漁陽(河北省密雲県付近)に向かったが,大沢郷(だいたくきよう)(安徽省宿県付近)で大雨にあい,到着の期日に間に合わなくなった。どのみち死罪を免れないと悟った両人は,農民を扇動して挙兵にふみきった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陳勝・呉広の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)漢の時代(年表)秦の時代(年表)高祖(漢)項羽と劉邦陳勝呉広彭越張良劉邦陳呉項羽

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android