コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳勝・呉広 ちんしょうごこうChén Shèng,Wú Guǎng

1件 の用語解説(陳勝・呉広の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちんしょうごこう【陳勝・呉広 Chén Shèng,Wú Guǎng】

?‐前208
中国,末の農民反乱の指導者。陳勝は陽城(河南省方城県)の人で字は渉(しよう)。呉広は陽夏(河南省太康県)の人で字は叔(しゆく)。ともに秦の2世皇帝の元年(前209)7月に辺境防備のため徴発され,900人の里人とともに漁陽(河北省密雲県付近)に向かったが,大沢郷(だいたくきよう)(安徽省宿県付近)で大雨にあい,到着の期日に間に合わなくなった。どのみち死罪を免れないと悟った両人は,農民を扇動して挙兵にふみきった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

陳勝・呉広の関連キーワード傷害罪劉表核種華佗凶器勾留赤壁の戦い暴行罪新宮澤構想集束超音波治療

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone