陳果夫(読み)ちんかふ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陳果夫
ちんかふ / チェンクオフー
(1892―1951)

中国の政治家、財閥。浙江(せっこう)省の生まれ。南京(ナンキン)陸軍中学堂を経て日本留学、帰国後は上海(シャンハイ)を中心に商業活動に従事。陳其美(ちんきび)の甥(おい)であることで蒋介石(しょうかいせき)の信任を得た。のち弟の陳立夫(ちんりっぷ)とともに英字の頭文字をとってCC団とよばれるテロ組織をつくり、蒋介石・宋子文(そうしぶん)らと独裁政権の基盤をなす「四大家族(しだいかぞく)」を形成した。1933年江蘇(こうそ)省主席、1938年中央党学校副校長、1939年国民政府国防最高委員会常務委員などを歴任、戦後の1945年には中国農民銀行理事長。台湾に逃れ客死した。

[加藤祐三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の陳果夫の言及

【CC団】より

…中国,民国時代の政治結社。陳果夫・陳立夫兄弟を頭とし,CC団の名称も陳兄弟の頭文字(陳Chén)からきたとも,また彼らが上海に作ったCentral Clubの頭文字からきたともいわれる。兄弟は陳其美の甥で,その関係から蔣介石に近づき,国民党の組織部長などの地位を利用して,1927年蔣介石を首領とし,それに反対する党派の排撃と蔣の独裁を目的とするCC団を組織した。…

【陳其美】より

…第二革命失敗後,中華革命党の有力党員となるが,第三革命のさいに袁世凱によって暗殺された。蔣介石の親分筋にあたり,CC団の陳果夫・陳立夫兄弟の伯父である。【狭間 直樹】。…

【四大家族】より

…中国,民国時代の四大家族財閥。蔣介石,宋子文,孔祥熙,陳果夫と陳立夫の各家族を指す。いずれも南京国民政府時代に,国民党および国民政府の要職につくことによって財産蓄積の基礎をつくり,日中戦争時期の統制経済の中で大財閥に発展した。…

※「陳果夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android