コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四大家族 よんだいかぞく

3件 の用語解説(四大家族の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

四大家族【よんだいかぞく】

中国,民国時代の財閥。蒋介石宋子文孔祥煕陳立夫・果夫の4家族。地方の小資産家ないし買【べん】であったが,民国成立以後次第に財を積み,特に蒋の政権掌握後,政府,国民党と緊密に結び,官僚資本として中国経済の支配権を確立,日中戦争から戦後にかけ巨大な富を蓄積した。
→関連項目浙江財閥

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

よんだいかぞく【四大家族 Sì dà jiā zú】

中国,民国時代の四大家族財閥。蔣介石,宋子文,孔祥熙,陳果夫と陳立夫の各家族を指す。いずれも南京国民政府時代に,国民党および国民政府の要職につくことによって財産蓄積の基礎をつくり,日中戦争時期の統制経済の中で大財閥に発展した。南京国民政府は,成立当初,浙江財閥の支持と援助の下にあったが,世界不況と国内戦争遂行過程において,中央銀行の発展,経済建設,幣制改革,公債政策によって,逆に浙江財閥に対する主導権を確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四大家族
しだいかぞく

1930~40年代に中国を支配した四大財閥・政治集団で、蒋介石(しょうかいせき/チヤンチエシー)一族、宋子文(そうしぶん/ソンツーウェン)一族、孔祥煕(こうしょうき/コンシヤンシー)一族、陳果夫(ちんかふ/チェンクオフー)・陳立夫(ちんりっぷ/チェンリーフー)一族をさす。このうち陳一族は直接の血縁関係はなく、CC団などの形で参加した。4家とも地主、官僚、高利貸という支配層の上にたち、国家・党組織を利用しつつ国家独占資本主義の集団であった。
 蒋介石は浙江(せっこう/チョーチヤン)省の塩商の出身、若くして上海(シャンハイ)で浙江財閥の庇護(ひご)のもとに取引所の仲買人をしたことがある。陸軍を掌握すると同時に主要な銀行を手中に収め、四大家族のうちでも圧倒的な力を誇った。宋子文は新式銀行を中心として実力を蓄え、保険や各種の流通・重工業生産を押さえ、自分の資産はおもにアメリカに温存した。孔祥煕は山西(さんせい/シャンシー)省の地方財閥から銀行・流通を握ることで成長した。陳兄弟は流通業から身をおこし、政治結社CC団をつくって銀行などを押さえた。4家の確執は強く、政府の財政部や主要銀行の支配権も宋家から孔家へ移り、日中戦争末期には宋家が奪回、戦後は陳家に移っている。新中国の成立により実権をすべて失い、資産の一部を台湾・アメリカに移して解体した。[加藤祐三]
『陳伯達著、大金久展訳『中国四大家族』(1955・青木書店) ▽許滌新著、山下龍三訳『官僚資本論』(1953・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四大家族の関連キーワード陸治拡大家族国学の四大人四大家四大海四大奇書浙江財閥大家族元曲四大家八大家(唐宋八大家)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone