コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳其美 ちんきびChen Qi-mei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陳其美
ちんきび
Chen Qi-mei

[生]光緒3(1878).1.17. 浙江,呉興
[没]1916.5.18. 上海
中国の革命家。字は英士。陳果夫陳立夫兄弟の伯父。妹は蒋介石先夫人。蒋介石と早くから親交があり,蒋を孫文に近づけた。日本留学中に東京で中国革命同盟会に加入し,光緒 34 (1908) 年帰国後,上海で同志とともに『民声叢報』を発刊。宣統1 (09) 年宋教仁らと中部同盟会を組織し,揚子江流域の革命工作に従事した。辛亥革命が起ると,上海独立,江南機器局占領のため活躍し,上海紳商の支持を得て上海都督となり,次に唐紹儀内閣の工商総長となったが,1913年の第二革命の際,袁世凱に追われ日本に亡命。 15年上海に帰り,討袁運動を画策したが,上海で袁の配下に暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちんきび【陳其美 Chén Qí měi】

1877‐1916
中国の政治家。字は英士。浙江省呉江の人。日本に留学して中国同盟会に加入,帰国後中部同盟会を組織して上海光復に活躍した。青幇(チンパン)の頭目として勢力を擁し,対立する光復会の陶成章を暗殺によって排除した。第二革命失敗後,中華革命党の有力党員となるが,第三革命のさいに袁世凱によって暗殺された。蔣介石の親分筋にあたり,CC団の陳果夫・陳立夫兄弟の伯父である。【狭間 直樹

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陳其美
ちんきび / チェンチーメイ
(1878―1916)

(しん)末民国初めの政治家。字(あざな)は英士。浙江(せっこう)省呉興県の人。陳果夫(ちんかふ)、陳立夫(りっぷ)の伯父。上海(シャンハイ)の生糸問屋に働いたが、革命思想の影響を受け、1906年(明治39)日本に留学。中国同盟会に加入し、1908年帰国後、上海で『中国公報』『民声叢報(みんせいそうほう)』を発刊し、革命を宣伝した。1911年宋教仁(そうきょうじん)らと同盟会中部総会を組織し、揚子江(ようすこう)流域の革命運動を推進。同年10月武昌蜂起(ぶしょうほうき)に呼応して、11月上海蜂起に活躍。蜂起成功後、上海紳商の支持を得て上海都督となったが、袁世凱(えんせいがい)により解職された。1913年第二革命に参加し、日本に亡命。中華革命党に加入し、帰国して討袁運動に従事したが、1916年5月袁世凱により上海で暗殺された。[石島紀之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

陳其美の関連キーワード黄郛張群

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android