コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陵戸・守戸 りょうこしゅこ

世界大百科事典 第2版の解説

りょうこしゅこ【陵戸・守戸】

日本の古代において,治部省所属の諸陵司(のち寮)により陵墓の保守に使役された賤民。唐の太常寺所属の諸陵署に配されて山陵の守衛,築造,修理に当たった陵戸の制を模して,令制前において陵墓の造営,保守をつかさどる土師(はじ)氏に管掌されていた部民を陵戸となした。唐の陵戸は賤民であったが,のち職業はそのままに解放されて良民とされた。日本の陵戸は大宝令制では賤民でなかったらしいが,養老令制では戸令で5種の賤民の一つとされている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

陵戸・守戸の関連キーワード諸陵寮

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android