コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸陵司 ショリョウシ

デジタル大辞泉の解説

しょりょう‐し【諸陵司】

律令制で、治部省に属し、代々の天皇・皇族の陵墓の管理や記録などをつかさどった役所。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょりょうし【諸陵司】

律令制で、治部省に属し、天皇・皇族・外戚の陵墓を管理し、その祭礼のほか、喪葬に関することをつかさどった役所。729年諸陵寮と改称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の諸陵司の言及

【諸陵寮】より

…陵墓に関する事務を行う役所。729年(天平1)令制の治部省管下の諸陵司を,機構を拡張して改称した。頭,助,大允,少允,大属,少属,史生4名,使部10名の職員を擁し,陵墓への奉幣,陵戸・守戸(りようこしゆこ)の配置とその戸籍・計帳の勘造,陵墓周辺の環境整備,陵墓の定期巡検・修補等の業務を行った。…

※「諸陵司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone