コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸九皐 くが きゅうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陸九皐 くが-きゅうこう

1843-1916 明治時代の士族。
天保(てんぽう)14年1月7日生まれ。もと加賀金沢藩士。維新に際し脱藩して西郷隆盛,桐野利秋(きりの-としあき)らとまじわる。明治11年大久保利通(としみち)暗殺計画にくわわり,斬奸(ざんかん)状を起草。逮捕されて終身禁獄刑に処せられるが,22年の憲法発布で特赦。大正5年8月17日死去。74歳。名は義猶(よしなお)。字(あざな)は正路。通称は静一郎。別名に中村他三郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

陸九皐の関連キーワード明治時代陸義猶士族

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android