コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐野利秋 きりの としあき

9件 の用語解説(桐野利秋の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

桐野利秋

薩摩藩士・陸軍軍人。薩摩生。初め中村半次郎と称す。通称は晋作。西郷隆盛の知遇を得、鳥羽・伏見の戦いや、会津征討で軍功を立てる。維新後、陸軍少将・陸軍裁判所長等を歴任するが、征韓論政変で西郷とともに下野。以後鹿児島で私学校運営や西郷派士族の教育などに尽力する。西南戦争では西郷軍総指揮者として奮戦するが、明治10年(1877)陣中にて歿、39才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きりの‐としあき【桐野利秋】

[1838~1877]軍人。薩摩の人。旧名、中村半次郎。幕末から西郷隆盛の下で活躍。明治維新後陸軍少将になったが、征韓論に敗れて辞職。西南戦争では西郷とともに戦い、城山で戦死。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

桐野利秋【きりのとしあき】

幕末・明治の志士,軍人。薩摩(さつま)鹿児島藩出身,初め中村半次郎と称す。討幕運動戊辰戦争に活躍。1871年陸軍少将に進み,熊本鎮台司令長官,陸軍裁判長となったが,征韓論が敗れると西郷隆盛とともに下野。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桐野利秋 きりの-としあき

1839*-1877 幕末-明治時代の武士,軍人。
天保(てんぽう)9年12月生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。はじめ中村半次郎と名のる。示現(じげん)流の達人で,人斬り半次郎の名で知られた。西郷隆盛のもとで尊攘(そんじょう)運動にしたがい,戊辰(ぼしん)戦争では会津若松攻めの軍監となる。維新後陸軍少将,陸軍裁判所長をつとめるが,明治6年辞職。西南戦争で西郷軍の総指揮をとり,明治10年9月24日鹿児島城山で戦死した。40歳。通称は信作。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

桐野利秋

没年:明治10.9.24(1877)
生年:天保9.12(1838)
幕末の薩摩(鹿児島)藩士,明治期の陸軍少将。薩摩国鹿児島郡吉野村(鹿児島市吉野町)の微禄の藩士中村兼秋,スガ子の3男。通称半次郎,信作。明治に至り先祖の旧姓桐野に復した。極貧のなか刻苦精励して成長,武芸に志し古示現流の奥義を極めた。文久2(1862)年,藩主の実父島津久光の上洛部隊に編入されて上京,中川宮朝彦親王付守衛となり諸藩の勤王の志士と交流,天誅行動で鳴らし「人斬り半次郎」の異名をとった。3年8月政変ののち,長州藩の内情探索に当たり,翌元治1(1864)年の禁門の変にも大活躍して西郷隆盛の信頼を得た。鳥羽・伏見の戦に薩摩軍小頭見習として奮闘,次いで東海道先鋒総督軍に属して江戸に入り,会津征討総督軍の軍監に任じ,軍功あった。明治2(1869)年鹿児島藩常備隊大隊長,4年御親兵編成で大隊長として上京,陸軍少将に任じられ,5年熊本鎮台司令長官,6年陸軍裁判所長を歴任したが,征韓論政変(1873)で西郷隆盛に従って下野,その後,村田新八,篠原国幹らと鹿児島の私学校運営の衝に当たり,西郷派士族の教育,軍事訓練と士族層の生活維持のための開墾に尽力した。西南戦争(1877)では西郷軍総指揮者として鹿児島城山で西郷らと共に討死した。

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きりのとしあき【桐野利秋】

1838‐77(天保9‐明治10)
幕末の志士,明治初年の武官。薩摩藩士。初め中村半次郎と称し,維新後桐野利秋と改姓改名。通称晋作。1862年(文久2)上洛して尊攘運動に挺身して勇名をはせ,戊辰戦争に際し東海道先鋒として江戸に入り,会津若松城開城の任に当たる。71年(明治4)御親兵大隊長として上京し陸軍少将,従五位を叙せらる。蝦夷地方を巡回し北海道屯田兵設置の必要を建議。72年熊本鎮台司令長官,73年陸軍裁判長となるが,74年征韓論に敗れた西郷隆盛に従って辞職。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きりのとしあき【桐野利秋】

1838~1877) 幕末・維新期の志士・軍人。薩摩藩出身。初め中村半次郎と称す。戊辰ぼしん戦争に従軍。新政府では陸軍少将。征韓論分裂により西郷隆盛とともに下野し、西南の役で戦死。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桐野利秋
きりのとしあき

[生]天保9(1838)
[没]1877
明治初期の軍人。薩摩藩士,初め中村半次郎と称した。陸軍少将,熊本鎮台司令官となったが,征韓論で辞職した西郷隆盛とともに鹿児島に帰郷。西南戦争で敗北,城山で戦死。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桐野利秋
きりのとしあき
(1838―1877)

明治前期の陸軍軍人。天保(てんぽう)9年12月薩摩(さつま)国(鹿児島県)に生まれる。初め中村半次郎と称す。1862年(文久2)島津久光(しまづひさみつ)に従って入京、尹宮(いんのみや)(朝彦(あさひこ)親王)付守衛となり諸藩有志と交際、やがて西郷隆盛(さいごうたかもり)のもとで国事に奔走した。1868年(明治1)戊辰(ぼしん)戦争の東海道先峰(せんぽう)、ついで会津若松攻めの軍監となり、賞典禄(しょうてんろく)200石を賜った。1871年政府に入り御親兵大隊長、陸軍少将。1872年熊本鎮台司令長官。1873年陸軍裁判所長。この年の「明治六年政変」により西郷隆盛に従って下野。1874年同志と鹿児島に私学校設立。1877年の西南戦争に西郷軍四番大隊長となり、同年(明治10)9月24日鹿児島城山(しろやま)で戦死した。[毛利敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桐野利秋の関連キーワード伊集院兼寛児玉源之丞古薩摩鹿児島県薩摩川内市国分寺町池上四郎大迫貞清川崎祐名越山休蔵中島健彦淵辺高照

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桐野利秋の関連情報