陸地綿(読み)りくちめん

精選版 日本国語大辞典「陸地綿」の解説

りくち‐めん【陸地綿】

〘名〙 ワタの一種。古くインカ時代からペルー、およびメキシコで栽培され、現在では北アメリカを中心に栽培され世界綿生産高の六割以上を占める。高さ一~一・五メートル。葉は心臓形で三~五深裂する。花は白または淡黄色で大きく綿毛は長く、種子から離脱しやすい。
※東京日日新聞‐明治二九年(1896)一一月一三日「今本支場に於て試験する所のものを挙ぐれば、水陸、両稲〈略〉陸地棉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「陸地綿」の解説

りくち‐めん【陸地綿/陸地×棉】

アメリカ、アジアエジプトを除くアフリカなど、世界で最も広く栽培されているワタ。ペルー・メキシコの原産海島かいとう綿に対しての称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android