コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海島綿 かいとうめんGossypium barbadense; sea island cotton

3件 の用語解説(海島綿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海島綿
かいとうめん
Gossypium barbadense; sea island cotton

綿の一種。綿毛が4~6cmと長く,しかも繊細で美しい光沢があり,綿花のなかで最もすぐれているので世界的に有名である。原産地は中・南米であろうといわれているが,今日では小アンティル諸島のごく限られた島々で栽培されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいとうめん【海島綿】

西インド諸島を主産地とする上等の綿花。繊維は細く、長く、クリーム色で絹に似た光沢がある。シーアイランド-コットン。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の海島綿の言及

【繊維】より

…表2におもな繊維の太さを示す。綿花の太さは12~28μmであり,長さは最高の綿であるシーアイランド綿(アメリカの南北カロライナ州,ジョージア州の諸島で栽培され,海島綿ともいう)が38~51mm,エジプト綿35~45mm,ソ連綿は改良品種で30mmである。インド綿とパキスタン綿の在来種は10~20mmであり,品質はアメリカ綿よりかなり劣る。…

【セントクリストファー・ネビス】より

…正式名称=セントクリストファー・ネビスSaint Christopher and Nevis面積=269km2人口(1997)=4万2000人首都=バステールBasseterre(日本との時差=-13時間)主要言語=英語,パトア語通貨=東カリブ・ドルEast Caribbean Dollarカリブ海,小アンティル諸島のリーワード諸島に属するセント・キッツ島とネビス島からなる連邦国家。〈セントキッツ・ネビス〉とも称する。…

【ワタ(棉∥綿)】より

…木質化するアオイ科ワタ属Gossypiumの多年草の総称であるが,栽培上は一年草として扱われるものが多い。繊維作物として広く栽培され,油料にも利用される。なお綿花とは,ワタの種子についた実綿(みわた)またはそれから生産された繊維をいう。根は直根が深く地中に入る。茎は1本立ちして側枝を出し,高さ1~1.5m,種によってはさらに高くなるものもある。葉はふつう3~5裂した掌状で,長い葉柄によって茎に互生する。…

※「海島綿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

海島綿の関連キーワードソデガイ二丁掛タイル海膨土馬イガイイワカガミエイランタイ(依蘭苔)会陰エナガオオヤマレンゲ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海島綿の関連情報