コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸雲僊伝 りくうんせんでん

1件 の用語解説(陸雲僊伝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りくうんせんでん【陸雲僊伝】

ベトナムのグエン(阮)朝中期の盲目の愛国詩人グエン・ディン・チエウNguyen Dinh Chieu(阮廷炤。1822‐88)が自己の前半生の体験をもとにしてチュノム(字喃)で書いた長編叙事詩。1865年チョロンで出版された。母の死によって科挙の受験を果たさず亡母を慕って日夜泣いたため盲目となった試生のルク・バン・ティエン(陸雲僊)が,世の迫害に耐えて状元となり,かつてティエンに救われたキエウ・グエット・ガ(喬月娥)が貞節を守ってティエンと結ばれる話を伝統詩法の六八体による2080行で歌ったもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

陸雲僊伝の関連キーワード大越阮朝阮福映フエベトコンベトナム語胡志明越僑ビッグエッグ日本ベトナム間賠償借款協定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone