陽胡真身(読み)やこの まみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「陽胡真身」の解説

陽胡真身 やこの-まみ

?-? 奈良時代の官吏
養老6年(722)養老律令(りつりょう)撰修ので田4町をあたえられる。また通訳養成のため漢語を教授した。豊後(ぶんごのかみ),但馬(たじまの)守もつとめ,東大寺大仏建立のとき,銭1000貫,牛1頭を献上した。は陽侯,楊胡ともかき,名は「むざね」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android