コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陽胡真身(読み)やこの まみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陽胡真身 やこの-まみ

?-? 奈良時代の官吏。
養老6年(722)養老律令(りつりょう)撰修の功で田4町をあたえられる。また通訳養成のため漢語を教授した。豊後守(ぶんごのかみ),但馬(たじまの)守もつとめ,東大寺大仏建立のとき,銭1000貫,牛1頭を献上した。姓は陽侯,楊胡ともかき,名は「むざね」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android