コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金胎寺 コンタイジ

大辞林 第三版の解説

こんたいじ【金胎寺】

京都府相楽郡和束町にある真言宗醍醐派の寺。山号は鷲峰山じゆぶせん。676年役小角えんのおづのの開創と伝え、722年泰澄たいちようが諸堂を建立。良弁ろうべん・行基・鑑真・空海・最澄なども修法したといわれる修験道の霊場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金胎寺
こんたいじ

京都府相楽郡和束(わづか)町にある真言宗醍醐(だいご)派の別格本山。鷲峯山(じゅぶせん)と号する。676年(天武天皇5)役行者(えんのぎょうじゃ)の開基と伝え、越智泰澄(おちたいちょう)が722年(養老6)伽藍(がらん)を建立して以来、当寺において良弁(ろうべん)、行基(ぎょうき)、鑑真(がんじん)、空海(くうかい)、最澄(さいちょう)などの高僧が修行をしたといわれる。その後、1331年(元弘1)後醍醐(ごだいご)天皇が登山したため、兵火にかかり衰退した。1826年(文政9)良寛が中興となり、諸堂を再建。現在、境内には1298年(永仁6)建立の多宝塔(国の重要文化財)、大師堂など諸堂がある。寺宝の本尊木造弥勒菩薩坐像(みろくぼさつざぞう)、銭弘俶(せんこうしゅく)八万四千塔1基は国の重要文化財。当寺は役行者開基のため、古来から修験道(しゅげんどう)の霊場とされ、多くの霊跡がある。[眞柴弘宗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金胎寺の言及

【和束[町]】より

…山地斜面を利用した茶の栽培が盛んで,とくに煎茶の主産地として知られ,林業も行われる。鷲峰山山頂近くにある金胎(こんたい)寺は,山岳霊場として古くから開かれたと伝え,大和大峰山に対して〈北大峰〉と呼ばれた。境内は国の史跡。…

※「金胎寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金胎寺の関連キーワード京都府相楽郡和束町室町時代(年表)和束(町)細川成之修験道良弁行者鑑真修法

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android