コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隅田川浪五郎(読み)すみだがわ なみごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隅田川浪五郎 すみだがわ-なみごろう

1830-? 幕末-明治時代の手品師。
天保(てんぽう)元年生まれ。江戸の人。慶応2年アメリカ人興行師にやとわれ,浜碇定吉(はまいかり-さだきち)らと一座18人で渡米。翌年パリ万国博覧会で公演。以後ヨーロッパ各地を巡演,明治4年帰国した。再渡航後,17年から三遊亭遊成の名で寄席へ出演。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

隅田川浪五郎

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:天保1(1830)
幕末明治期の手品師。浪五郎は本名。江戸生まれ。矢師の父のもとで修業中に養老滝五郎から手品を習い,嘉永1(1848)年鈴川春五郎に弟子入りする。紙を細かく切って扇子であおぐ「蝶の舞」が巧みで,元治1(1864)年以降,横浜在留の外国人にバタフライ・トリックの名で賞賛された。慶応2(1866)年米人バンクスに連れられて浜碇定吉らと渡米。1867年万博でにぎわうパリやロンドンをはじめヨーロッパ諸国で「蝶の舞」を演じ,明治2(1869)年ごろ帰国した。8年に再度海外へ出かけ,17年に帰朝後は三遊亭遊成の名で寄席へ出演した。

(倉田喜弘)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android