コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隅田川花火大会 すみだがわはなびたいかい

2件 の用語解説(隅田川花火大会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隅田川花火大会
すみだがわはなびたいかい

東京都の隅田川で毎年 7月の最終土曜日に行なわれる花火大会。江戸時代から続く両国川開きの花火で,日本の記録に残る花火大会としては最も長い歴史を誇る。明治維新第2次世界大戦で中止され,1961年には交通事情の変化などにより行なわれなくなったが,1978年から隅田川花火大会の名で復活した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

隅田川花火大会

東京都墨田区、台東区周辺の隅田川沿いで行われる花火大会。1733年に開催された「両国の川開き」で打ち上げられた花火が起源とされる。打ち上げ数は約2万発、90万人を超える人出がある。大会内で花火コンクールも行われる。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隅田川花火大会の関連情報