コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆禅 りゅうぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隆禅 りゅうぜん

1038-1100 平安時代中期-後期の僧。
長暦(ちょうりゃく)2年生まれ。法相(ほっそう)宗。左近衛(さこんえの)少将藤原政兼の子。大和(奈良県)興福寺の円縁に唯識(ゆいしき),因明(いんみょう)をまなび,興福寺権(ごんの)別当,大安寺,長谷寺の別当をつとめる。応徳4年興福寺両門跡(もんぜき)のひとつ大乗院をひらいた。康和2年7月14日死去。63歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

隆禅

没年:康和2.7.14(1100.8.21)
生年長暦2(1038)
平安後期の法相宗の僧。左少将藤原政兼の子。母は藤原済政の娘。円縁に師事。三会已講の労により律師,のちに権大僧都,興福寺権別当となる。亡父のために建てた大乗院は,一乗院と並ぶ興福寺の門跡寺院となった。

(岡野浩二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

隆禅の関連キーワード以天宗清没年隆覚

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android