コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隔夜 カクヤ

デジタル大辞泉の解説

かく‐や【隔夜】

ひと晩おき。
ひと晩ごと。
ひと晩ずつ神社仏閣を泊まり歩いて修行すること。隔夜参詣。隔夜詣(かくやもうで)。
「鈍太郎殿は、元結(もとゆひ)を切って、―におでやったと申したが」〈虎明狂・鈍太郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくや【隔夜】

一晩おき。
一晩ごと。
神社仏閣に一夜に一か所ずつ参籠して続ける修行。また、その修行を行う人。隔夜詣もうで。隔夜参詣。 「元結きつて-になり/狂言・鈍太郎」
覚弥かくや 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

隔夜の関連キーワード日本料理/おもな調理用語隔夜道心隔夜上人夜交ぜ狂言元結修行覚弥

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android