コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隙間翼 すきまよく

2件 の用語解説(隙間翼の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

隙間翼【すきまよく】

スラット

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

隙間翼
すきまよく
slotted wing

航空機の主翼の前縁部に翼の下面から上面に通じる溝状の孔(スロットslot)を設け、迎え角(翼型の基準線と翼に当たる気流との相対角度)が大きくなったとき、このスロットを通って翼下面から上面へ空気が流れ、翼上面の気流の剥離(はくり)を抑えて失速を遅らせ大きな揚力係数を得る装置。高揚力装置の一種である。隙間を固定したものと、油圧などを利用してフラップと連動させて開くものとがある。また翼の前縁部を可動式にして、迎え角が大きくなったとき、空気力学的あるいは油圧や高圧空気などで前下方へ張り出して隙間を形づくるものがあり、この可動式の部分をスラットslatとよぶ。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の隙間翼の言及

【高揚力装置】より

…後者はクルーガーフラップと呼ばれ,翼のキャンバーを増す効果と翼の面積を増す効果をもち,輸送機などに見られる。(2)スラット 隙間翼ともいう。翼の迎え角が大きくなると,空気はまず前縁よりやや後ろの翼下面に当たり,ここから前縁を回って翼の上面に流れていくので,その間に勢いをなくしてはがれやすくなり失速する。…

※「隙間翼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone