コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠れ冷え性 かくれひえしょう

1件 の用語解説(隠れ冷え性の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

隠れ冷え性

軽度の低体温症のことで、内蔵型冷え性とも呼ばれる。寒い場所で長時間過ごしたり、運動不足などで筋肉量が減少したりすることにより、意識しないうちに体全体の熱が少しずつ奪われ、中心部の温度まで下がった状態を指す。冷えが内蔵の働きや血流の低下を引き起こし、糖尿病や心筋梗塞脳卒中などの発症リスクが高くなる。また、免疫力の低下により感染症にかかるリスクや、基礎代謝の低下により太りやすい体質になるリスクも高まる。防止には、適度な運動、栄養バランスのよい食事、常に体を温めることなどが有効である。

(2012-12-24)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隠れ冷え性の関連キーワード低体温症低体温法軽度堪え性冷え冷え性疲労凍死低体温低体温麻酔法低体温症 (hypothermia)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隠れ冷え性の関連情報