隠れ冷え性(読み)かくれひえしょう

知恵蔵miniの解説

隠れ冷え性

軽度の低体温症のことで、内蔵型冷え性とも呼ばれる。寒い場所で長時間過ごしたり、運動不足などで筋肉量が減少したりすることにより、意識しないうちに体全体の熱が少しずつ奪われ、中心部の温度まで下がった状態を指す。冷えが内蔵の働きや血流低下を引き起こし、糖尿病心筋梗塞脳卒中などの発症リスクが高くなる。また、免疫力の低下により感染症にかかるリスクや、基礎代謝の低下により太りやすい体質になるリスクも高まる。防止には、適度な運動、栄養バランスのよい食事、常に体を温めることなどが有効である。

(2012-12-24)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android