コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルトリ

デジタル大辞泉の解説

ふる‐とり【×隹】

漢字の構成部分で、「」「集」「」などの「隹」の称。「(とりへん)」「(ひよみのとり)」と区別して、「舊(ふる)」の字の中のとりのでいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふるとり【隹】

漢字の旁つくりの一。「集」「雄」などの「隹」の部分。鳥に関する文字を作る。 〔「舊(旧)」の字のとり、の意で、鳥・酉と区別していう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

隹の関連キーワード日読みの酉本多 静雄雁垂れ漢字酉偏