雄視(読み)ゆうし

精選版 日本国語大辞典「雄視」の解説

ゆう‐し【雄視】

〘名〙 威勢を示して他に対すること。他よりもひときわすぐれて見えること。
随筆・鑒禅画適(1852)南北述古「大雅は〈略〉既に一世に雄す」 〔宋史‐蘇伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「雄視」の解説

【雄視】ゆうし

有力な態度で臨む。〔宋史、軾伝〕軾、弟轍と、を師としてを爲(つく)る。にして之れを天に得たり。~其の體、渾涵(こんかん)光、百代に雄す。りてより以來(このかた)、蓋(けだ)し亦た鮮(すく)なし。

字通「雄」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android