コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄/牡 オス

9件 の用語解説(雄/牡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おす〔をす〕【雄/×牡】

動物の性別で、精巣をもち、精子をつくるほう。また、植物で雄花をつけるもの。お。⇔雌(めす)
雄ねじ。またはコネクターなどの接続部品において、接続部が凸になっている側(ピン)。⇔

おん〔をん〕【雄】

おす。お。⇔雌(めん)
「―はいないのだが、どこかで子種をもらって来たよ」〈志賀暗夜行路

ゆう【雄】

生物のおす。おとこ。
強く勢いのあること。特にすぐれていること。また、その人。「政界の

ゆう【雄】[漢字項目]

常用漢字] [音]ユウ(漢) [訓]お おす
〈ユウ〉
おす。「雄蕊(ゆうずい)雄性雌雄
おおしい。勇ましく強い。胆力・知力のすぐれた人。「雄姿・雄壮・雄弁英雄奸雄(かんゆう)梟雄(きょうゆう)群雄豪雄両雄老雄
規模が大きい。「雄渾(ゆうこん)雄大雄図雄飛雄編
〈お〉「雄牛雄蕊(おしべ)
〈おす〉「雄犬」
[名のり]かず・かた・かつ・たか・たけ・たけし・のり・よし
[難読]雄叫(おたけ)び雄鳥(おんどり)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タレントデータバンクの解説


芸名

性別
男性

生年月日
/09/18

星座
おとめ座

血液型
O

ブログURL
http://ameblo.jp/up-date-yuu/

職種
音楽

プロフィール
進化型エンターテイナーパフォーマンスグループ「Up-Date」のメンバー。今後の活躍が期待される。

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おす【雄 male】

一般には,雌雄異体の生物において精巣,すなわち精子を形成する器官をもつほうの個体をさす。植物や下等動物では,比較的小さくて活発に運動する小配偶子を相手個体(雌)へ移すほうの個体を雄という。しかし,遺伝的に雄であっても,下等生物では,環境条件や発生途中で性が転換するものがあり,またアオミドロや魚のベラやハナダイのように個体の性が相対的にきまるものもいるため,生物学的には雄に共通な性質(雄形質という)をより多くもった個体を雄という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おん【雄】

おす。 ↔ めん 「 -どり」

ゆう【雄】

おとこ。おす。
すぐれていること。傑出していること。また、その人。 「財界の-と目される」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


おす

雌雄異体の生物のなかで、精巣のある動物個体や、小配偶子を生産する植物個体をさす。雌の対語。ただし、下等生物では雄と雌の区別は個体間の相対的な関係で決まる場合もある。有性生殖において、雄のつくる配偶子(精子など)は雌の生産する配偶子(卵など)に比べて小形で、運動性のあるものも多い。動物では生殖に際して性行動がみられるものが多いが、縄張り行動、異性の探索、求愛、交尾などの諸行動において積極的な役割を果たすのは主として雄である。動物の雄では、雌にない外形的あるいは行動的特徴(二次性徴)のあるものが多いが、これらの特徴の多くは前述の諸行動において信号的な役割を果たしている。[木村武二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雄/牡の関連キーワード

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone