雅山哲士(読み)みやびやま てつし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雅山哲士 みやびやま-てつし

1977- 平成時代の力士。
昭和52年7月28日生まれ。武双山の父に指導をうけ,中学3年で全国中学校相撲選手権大会優勝。水戸農高をへて明大にすすんだが,中退して武蔵川部屋に入門。平成10年7月幕下付出で初土俵,同年11月新十両。11年3月新入幕,12年1月新三役小結,同年7月大関に昇進する。13年7月場所・9月場所と負け越し,関脇に陥落した。得意手は突き,押し,右四つ,寄り。幕内通算成績599勝563敗,殊勲賞2回,敢闘賞5回,技能賞1回,金星2,大関在位8場所。25年引退し,年寄・二子山を襲名。茨城県出身。本名は竹内雅人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android