コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雅成親王 まさなりしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雅成親王 まさなりしんのう

1200-1255 鎌倉時代,後鳥羽(ごとば)天皇の皇子。
正治(しょうじ)2年9月11日生まれ。母は藤原重子(修明(しゅめい)門院)。宣陽門院覲子(きんし)内親王に養育され,建仁(けんにん)4年親王となる。承久(じょうきゅう)の乱に関与したとして但馬(たじま)(兵庫県)に流された。建長7年2月10日死去。56歳。六条宮,但馬宮とよばれた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

雅成親王

没年:建長7.2.10(1255.3.19)
生年正治2.9.11(1200.10.20)
後鳥羽天皇皇子。母は修明門院藤原重子。宣陽門院(覲子内親王)の養子となり,六条宮と呼ばれる。承久の乱(1221)で父の後鳥羽上皇に従ったため,但馬国に流された。逃亡を企てるが果たせず,当地に没した。

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

雅成親王 (まさなりしんのう)

生年月日:1200年9月11日
鎌倉時代前期の後鳥羽天皇の皇子
1255年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

雅成親王の関連キーワード澄覚法親王生年月日鎌倉時代没年聖覚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android