コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集中定数回路 しゅうちゅうていすうかいろ

百科事典マイペディアの解説

集中定数回路【しゅうちゅうていすうかいろ】

分布定数回路

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅうちゅう‐ていすうかいろ〔シフチユウテイスウクワイロ〕【集中定数回路】

電気信号の波長に比べて空間的に短いスケールをもつ電気回路低周波の小規模な電気回路などを指す。信号の位相の空間的な変化を無視できるため、数学的な取扱いが簡単になる。⇔分布定数回路

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうちゅうていすうかいろ【集中定数回路 lumped parameter circuit】

電気回路中では電気エネルギーは光速に近い速度で伝搬する。このため回路素子の大きさが電気信号の波長に比べて十分小さいときは,素子中で観測される電流や電圧は場所の関数と考えなくとも良好な近似が得られる。このような状態を理想化して,力学における質点などと同様に,集中定数素子を定義し,有限個の集中定数素子を相互に接続することによって得られる回路を集中定数回路と呼ぶ。通常は時間的に不変な線形回路の条件下で集中定数回路を考察することが多く,この場合の構成素子は抵抗器の抵抗,コイルのインダクタンス,コンデンサーの容量および変成器相互インダクタンスの4種類である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の集中定数回路の言及

【遅延回路】より

…遅延回路に要求される特性は,信号の周波数帯域の範囲で平たんな振幅特性と一定の遅延時間をもつことである。従来はLC回路を多段に接続した集中定数回路と,丸棒の鉄心にコイルを巻き外部導体をかぶせた分布定数回路が用いられてきた。最近は信号を時間的にサンプリングして,多段の電荷転送素子(CCD)を通して遅延させるCCD遅延回路が用いられるようになり,画期的な小型化が可能となった。…

※「集中定数回路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android