コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集会書 しゅうかいしょEcclesiasticus

翻訳|Ecclesiasticus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集会書
しゅうかいしょ
Ecclesiasticus

旧約聖書外典または第2正典の一つ。『シラの子イエスの知恵の書』とも『ベン・シラの書』とも呼ばれる。前 190年頃パレスチナで書かれたと推定される。当時のユダヤ人のヘレニズム化に抗し,神からつかわされた知恵と律法を強調し,神殿,儀式,祭司制などの伝統を擁護する。 51章から成り,前 43章には種々の格言や教訓が,後8章にはイスラエルの祖先の賛歌が書かれている。新約聖書,特に『ヤコブの手紙』に本書の影響がみられる。ユダヤ教およびプロテスタントは正典のうちに数えないが,カトリックトリエント公会議 (1545~63) で正式に正典と認め,ウルガタ訳を通して典礼に頻繁に引用されており,その数は『詩篇』に次いで多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

集会書の関連キーワードイタラ訳聖書経典外聖書

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集会書の関連情報