コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雇用保険制度 こようほけんせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雇用保険制度
こようほけんせいど

1947年に制定された失業保険制度に代えて,74年に制定された政府管掌の保険制度。労働者が失業した場合,国家がこの保険制度に基づいて失業給付を行なうことができる。この求職者失業給付の中心は,基本手当技能習得手当寄宿手当傷病手当などが含まれる。雇用保険法により雇用安定事業,雇用改善事業,能力開発事業,雇用福祉事業の4つの事業が展開されている。これらの事業の費用は,国および雇用者が負担する。失業中の生活を安定化させることにより,労働者の意思に適した雇用機会を得られる効果がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

雇用保険制度の関連キーワードセーフティーネット教育訓練給付金雇用政策雇用保険

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雇用保険制度の関連情報