コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離く/放く サク

デジタル大辞泉の解説

さ・く【離く/放く】

[動カ四]間を離す。離して遠ざける。また、仲を隔てる。
「行くさには二人我が見しこの崎をひとり過ぐれば見も―・かず来(き)ぬ」〈・四五〇〉
[動カ下二]
に同じ。
「天の原踏みとどろかし鳴る神も思ふなかをば―・くるものかは」〈古今・恋四〉
(他の動詞の連用形に付いて)
㋐…することで思いをはらす。
「語り―・け見―・くる人目ともしみと」〈・四一五四〉
㋑はるかに…する。
「しばしばも見―・けむ山を」〈・一七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android