コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波家 なんばけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

難波家
なんばけ

藤原北家花山院流。平安時代後期,師実の5男忠教が。子頼輔は蹴鞠 (けまり) の達人で,藤家蹴鞠の祖といわれた。代々蹴鞠の名手を出し,難波流を継承した。室町時代家が絶えたが,江戸時代初め,同族飛鳥井宗勝が難波家を再興し,家禄 300石を得て蹴鞠を家業とした。明治にいたり子爵となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんばけ【難波家】

藤原氏北家花山院の流れ。摂政太政大臣師実の五男の正二位大納言忠教を祖とする。その子頼輔は蹴鞠(けまり)に秀で,〈本朝蹴鞠一道長〉などと称された。頼輔の子頼経は源義経に党して伊豆に流されたが,その子宗長は蹴鞠の達人として難波流の祖となり,弟雅経も飛鳥井流の祖となった。鎌倉時代を通じて名手が出,とりわけ宗緒はわずか14歳で天皇の師範を務めたほどであった。南北朝期の宗富の没後に家が断絶したが,江戸時代の初め,飛鳥井雅庸の次男宗勝が入って家名を再興した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

難波家の関連キーワード飛鳥井家難波宗勝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android