コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲津水国 くもつ すいこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲津水国 くもつ-すいこく

1682-1734 江戸時代中期の俳人。
天和(てんな)2年生まれ。貴志沾洲(きし-せんしゅう)の門人。江戸大門(おおもん)通りの釘銅物商伊勢屋の2代目。30歳のころ吉原三浦屋の遊女高尾を身請けして隠居し,俳諧(はいかい)の宗匠となった。門人に炭太祇(たん-たいぎ)がいる。享保(きょうほう)19年5月8日死去。53歳。通称は佐次兵衛。著作に「身程の日記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

雲津水国の関連キーワード水国

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android