コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲紋竹 ウンモンチク

デジタル大辞泉の解説

うんもん‐ちく【雲紋竹】

ハチクの変種。茎の表面に紫褐色の雲状の斑点がある。近畿地方などに自生するが、観賞用・工芸用に栽培もされる。斑竹(はんちく)。丹波(たんば)斑竹。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うんもんちく【雲紋竹】

ハチクの一品種。稈かんの表面に雲状の斑紋がある。観賞用に植えるほか、装飾品・杖・筆軸などに用いる。タンバハンチク。コハンチク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

雲紋竹 (ウンモンチク)

植物。淡竹の変種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の雲紋竹の言及

【ハチク】より

…丹波斑竹(たんばはんちく)cv.Boryanaは稈の表面に黒褐色の斑紋がある。雲紋竹(うんもんちく),斑竹ともいわれ,観賞用にされ,竹材は家具材にされる。胡麻竹(ごまたけ)cv.Punctataは稈に茶褐色のゴマ状の斑点がついている。…

※「雲紋竹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

雲紋竹の関連キーワード植物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android