コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡竹 ハチク

2件 の用語解説(淡竹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

は‐ちく【淡竹】

イネ科の植物。高さ約10メートル。質は堅く、表面に白粉がつき、節に二環がある。茶筅(ちゃせん)・提灯・傘の骨などに使われ、竹の皮は草履や包装用、竹の子は食用とする。中国の原産。呉竹(くれたけ)。唐竹(からたけ)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はちく【淡竹】

大形のタケ。中国原産。古くに伝来し、広く栽培される。稈かんは高さ10メートル、径10センチメートルになり、緑色で白粉がある。枝は節ごとに二個つき、竹の皮に黒斑がない。材は家具や工芸用、たけのこは食用とする。からたけ。くれたけ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の淡竹の言及

【ハチク】より

…主産地は近畿,四国,九州で,中国大陸,朝鮮にも産する。中国名は淡竹。材はかたく細割りしやすいので,茶筅や菓子の容器つくりに重用される。…

※「淡竹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

淡竹の関連情報