コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲谷玄祥 うんこく げんしょう

1件 の用語解説(雲谷玄祥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲谷玄祥 うんこく-げんしょう

1402-1456 室町時代の僧。
応永9年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都妙心寺日峰宗舜の法をつぐ。美濃(みの)(岐阜県)の守護土岐氏の守護代斎藤利永にまねかれ,汾陽(ふんよう)寺をひらく。康正(こうしょう)元年師が開山(かいさん)の尾張(おわり)(愛知県)瑞泉寺の住持となった。康正2年7月8日死去。55歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。諡号(しごう)は仏智広照禅師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

雲谷玄祥の関連キーワードアンカラの戦バヤジト[1世]建文帝難太平記酬恩庵B判形見アルギュロプロスコシャマイン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone