電子ビーム(読み)でんしびーむ

大辞林 第三版の解説

でんしビーム【電子ビーム】

電子の流れを細くしぼり、ほぼ直線状にしたもの。実用上は陰極線としてつくり出すことが多い。電場または磁場の作用で進行方向を変え、結晶などによって回折をおこす。 X 線管・電子顕微鏡などに利用される。電子線せん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子ビーム
でんしビーム
electron beam

電子線ともいう。電子管の陰極から放出された電子群に,適当な電界または磁界をかけて加速し,また方向性を整えてつくった電子流束。粒子としての性質と同時にド・ブロイ波で表わされる波動としての性質をもつ。X線管,電子顕微鏡,ブラウン管オシロスコープ,テレビジョンにおける録画に使われるほか,物体に照射してその加熱,溶接,加工に用いられる。特に電子ビームによる極微細加工は,電子ビームの波長を光の波長より十分短くできるため超 LSI用のサブミクロン (1μm以下) 幅のパターン形成に欠かすことができない。 (→電子銃 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の電子ビームの言及

【電子線】より

…電子ビームともいう。一定の方向に進む電子の細い流れ。…

※「電子ビーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電子ビームの関連情報