電子ビーム(読み)でんしビーム(英語表記)electron beam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「電子ビーム」の解説

電子ビーム
でんしビーム
electron beam

電子線ともいう。電子管の陰極から放出された電子群に,適当な電界または磁界をかけて加速し,また方向性を整えてつくった電子流束。粒子としての性質と同時にド・ブロイ波で表わされる波動としての性質をもつ。X線管,電子顕微鏡,ブラウン管オシロスコープ,テレビジョンにおける録画に使われるほか,物体に照射してその加熱,溶接,加工に用いられる。特に電子ビームによる極微細加工は,電子ビームの波長を光の波長より十分短くできるため超 LSI用のサブミクロン (1μm以下) 幅のパターン形成に欠かすことができない。 (→電子銃 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「電子ビーム」の解説

電子ビーム

陰極線管(ブラウン管)の電子銃から放出される光。電子銃から赤、の3色のビームが放出され、陰極線管内の蛍光面に当たることで、画面に色情報が表示される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内の電子ビームの言及

【電子線】より

…電子ビームともいう。一定の方向に進む電子の細い流れ。…

※「電子ビーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android