電子手帳(読み)でんしてちょう

  • でんしてちょう ‥てチャウ
  • でんしてちょう〔てチヤウ〕

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スケジュール表やメモ帳電話帳など、手帳にそなわっている機能をまとめた手帳サイズの機器のこと。形状電卓と似ているが、液晶画面が電卓より少し広くなっている。電子手帳の機能を発展させたものがPDAである。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

住所録,スケジュール,メモ帳機能を有した携帯型の情報機器のこと。1987年ごろから各社が商品化を開始した。当初は単なる手帳の置き換えであったが,その後,パーソナルコンピューターとの接続によるデータ共有や,通信機能を内蔵してインターネットに接続できる機種(モバイルコンピューター)が登場してきた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手帳サイズの携帯情報端末。カレンダー,スケジュール帳,住所録,メモ帳,電卓などの機能をもつ。ICカードを使用して英和辞書や国語辞典,表計算ソフトウェアなどの機能が拡張でき,パーソナル・コンピュータワードプロセッサとのデータ交換も可能になる。1990年代から PDA; personal digital assistantの名称で,通信機能を強化した製品が登場した。1993年,アップルがペン入力による手書き文字認識機能を備え,パソコン通信による電子メールの送受信が可能な Newton MessagePadを発売。続いて企業名を冠した Palm,ファクシミリ機能やパソコン通信機能を付加したシャープザウルスなどが販売され,人気を博した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 電卓機能を拡張した文書作成機能と記憶部を備えた手帳大のコンピュータ。スケジュール・住所などの管理のほか、ICカードを用いて辞典類としても利用できる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android