コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子手帳 でんしてちょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

電子手帳

スケジュール表やメモ帳電話帳など、手帳そなわっている機能をまとめた手帳サイズの機器のこと。形状は電卓と似ているが、液晶画面が電卓より少し広くなっている。電子手帳の機能を発展させたものがPDAである。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でんし‐てちょう〔‐てチヤウ〕【電子手帳】

電卓機能を拡張した文書作成機能と記憶部を備えた手帳大のコンピュータースケジュール・住所などの管理のほか、ICカードを用いて辞典類としても利用できる。商標名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

電子手帳【でんしてちょう】

住所録,スケジュール,メモ帳機能を有した携帯型の情報機器のこと。1987年ごろから各社が商品化を開始した。当初は単なる手帳の置き換えであったが,その後,パーソナルコンピューターとの接続によるデータ共有や,通信機能を内蔵してインターネットに接続できる機種(モバイルコンピューター)が登場してきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

でんしてちょう【電子手帳】

住所録やスケジュール管理など、手帳の機能を備えたポケット-サイズのコンピューター。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子手帳
でんしてちょう

手帳サイズの携帯情報端末。カレンダー,スケジュール帳,住所録,メモ帳,電卓などの機能をもつ。ICカードを使用して英和辞書や国語辞典,表計算ソフトウェアなどの機能が拡張でき,パーソナル・コンピュータやワードプロセッサとのデータ交換も可能になる。1990年代から PDA; personal digital assistantの名称で,通信機能を強化した製品が登場した。1993年,アップルがペン入力による手書き文字認識機能を備え,パソコン通信による電子メールの送受信が可能な Newton MessagePadを発売。続いて企業名を冠した Palm,ファクシミリ機能やパソコン通信機能を付加したシャープザウルスなどが販売され,人気を博した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

電子手帳の関連キーワードモバイルコンピューティング日本コンピュータ史(年表)ヒューレット・パッカード手書き文字認識装置カシオ計算機(株)フラッシュメモリスケジュール管理電子システム手帳ふたむら幸則ポケット吉田純子電子文具田口光久

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電子手帳の関連情報