コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子航法研究所 デンシコウホウケンキュウジョ

2件 の用語解説(電子航法研究所の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でんしこうほう‐けんきゅうじょ〔デンシカウハフケンキウジヨ〕【電子航法研究所】

航空交通システムの高度化や安全性向上に関する研究を行う国立研究開発法人。昭和42年(1967)設立。平成28年(2016)海上・港湾・航空技術研究所となる。ENRI(Electronic Navigation Research Institute)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電子航法研究所
でんしこうほうけんきゅうじょ

電子航法(電波航法)に関する研究・開発などを行う国土交通省所管の独立行政法人。英語名はElectronic Navigation Research Institute、略称ENRI。独立行政法人電子航法研究所法(平成11年法律第210号)に基づいて2001年(平成13)設立。本部は東京都調布市深大寺(じんだいじ)東町。1950年(昭和25)設立の運輸技術研究所に1953年、航空部が置かれ、1961年、航空部内に電子航法研究室が設置された。その後、船舶技術研究所電子航法部(1963)を経て1967年電子航法研究所となった。2001年に「中央省庁等改革」によって国土交通省に所属変更し、同年4月独立行政法人に移行した。
 電子航法は、航空機や船舶などとの通信、航行中の位置測定、レーダーによる監視・管制などの電子技術を応用した航法システムである。電子航法研究所は、電子航法について、技術開発、機器の試作や評価試験などを行い、(1)航空交通容量拡大や運航の効率性向上、消費燃料節減を目的とした「飛行中の運航高度化に関する研究開発」、(2)混雑空港における処理容量拡大を目ざす「空港付近の運航高度化に関する研究開発」、(3)安全で効率的な運航を目的とする「空と地上を結ぶ技術および安全に関する研究開発」を重点研究開発分野として取り組んでいる。2011年3月時点での資本金は42億5800万円、常勤職員数は60人。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電子航法研究所の関連キーワードサブシステムシステム監査システム監査技術者試験新交通システム次世代航空保安システム航空交通管制部高度道路交通システムフィーシステムオープン・システム高度情報システム

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電子航法研究所の関連情報