コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真性 シンセイ

デジタル大辞泉の解説

しん‐せい【真性】

生まれながらの性質。天性。「人間の真性
医学で、疑う余地なくその病気であること。真症。「真性コレラ」⇔仮性

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真性 しんしょう

1167-1230 平安後期-鎌倉時代の僧。
仁安(にんあん)2年生まれ。後白河天皇の孫。以仁(もちひと)王の子。天台宗。寿永2年出家,慈円にまなぶ。後鳥羽・土御門(つちみかど)・順徳天皇護持僧をつとめ,建仁(けんにん)3年(1203)天台座主(ざす),元久元年大僧正となる。のち四天王寺別当などをつとめた。寛喜(かんぎ)2年6月14日死去。64歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんせい【真性】

病気がほんもので、疑う余地がないこと。 「 -コレラ」
生まれつきの性質。天性。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

真性の関連キーワードコリンエステラーゼ痙攣/痺れ/麻痺お梅の方(3)ウィーン磁器新生児メレナ思春期早発症残留てんかん抗けいれん薬不純物半導体仮性クループドーピング青春早発症真性半導体固体検出器萎縮性鼻炎メバロン酸パラコレラ固有半導体p型半導体n型半導体

真性の関連情報