コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電磁ポンプ でんじポンプ electromagnetic pump

2件 の用語解説(電磁ポンプの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電磁ポンプ
でんじポンプ
electromagnetic pump

電流と磁場の相互作用によって,流体の圧力を高めるポンプ。冷却材に液体金属を用いる原子炉の循環ポンプとして使用されている。弁やタービン羽根などのような可動部分がなく,内部の液体金属は外気から遮断されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

電磁ポンプ【でんじポンプ】

溶融金属など導電性流体を圧送するポンプ。最も基本的なものは,管の方向と直角に磁場をかけ,管と磁場の双方に直角に電流を流す構造で,圧力上昇は磁束密度電流密度の積に比例する。
→関連項目ポンプ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の電磁ポンプの言及

【電磁流体力学】より

… 電磁流体力学の萌芽は,鉛直磁場の下で鉛直な電線からの放射電磁場があるとまわりの水銀が回転するという電磁回転や,1937年J.ハルトマンによる垂直な磁場のかかった溝の中の流れ(ハルトマンの流れ)の研究に見られる。とくに後者は電流の流れる流体に垂直な磁場を加えて管に沿う方向の動力を得,管に沿って液体を流そうとする電磁ポンプやさらに進んで電磁推進の基本となるものである。また逆に流れと磁場に垂直に生ずる起電力の測定は電磁流量計やMHD発電に結びつくものである。…

【ポンプ】より

…気体の圧力を下げ,大気圧以下にする機械を真空ポンプと呼んでおり,気体を扱う場合もポンプと呼ぶことがあるが,一般にはポンプといえば液体を扱う機械をいう。また通常,ポンプは電動機や内燃機関などの原動機により駆動され,その機械的エネルギーを流体に伝達するものであり,溶融金属や水銀を磁場と電流の相互作用によって圧送する電磁ポンプとは根本的に原理が異なっている。 川の水をくみ上げることは古代から人類生活に欠かせなかったから,低水位の水を高水位に揚水するため,つるべ,水揚水車,ペルシャンホイールなどいろいろなものが用いられていたが,これらは人力や家畜の力などによる原始的なものであり,また容器に水を入れてくみ上げるという点からも,原理的に現在のポンプとは異質のものといえる。…

※「電磁ポンプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電磁ポンプの関連キーワードアルベーン遠隔作用相互作用フェルミ相互作用ゲージ粒子栄養素間相互作用磁気ピンチ効果体積排除効果ファンデルワールス‐ロンドンの相互作用場の相互作用

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone