コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電磁継電器 でんじけいでんきelectromagnetic relay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電磁継電器
でんじけいでんき
electromagnetic relay

電磁リレーともいう。入力信号に対応して電気回路の開閉を行う電気部品。電磁石と接極子および接点を有し,電磁石巻線に流れる電流により磁束を生じて接極子を吸引して接点を開閉する原理を利用している。リレーには,通常,高信頼度,長寿命,高感度,速応性,軽量小型,製造容易,製品の均一性,低価格などの条件が要求され,電磁リレーはこれら諸条件をほぼ満足しており,リレーとしては最も多く用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でんじ‐けいでんき【電磁継電器】

electromagnetic relay電磁石により接点の開閉を物理的に行う継電器。可動部分がない半導体リレー(SSR)に比べ応答速度が遅く、消費電力も大きいが、過電流過電圧に強い。電磁リレー。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

電磁継電器の関連キーワードリレー(電気)

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android