コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

需給ギャップ ジュキュウギャップ

デジタル大辞泉の解説

じゅきゅう‐ギャップ〔ジユキフ‐〕【需給ギャップ】

一国の経済全体の総需要と供給力の差。総需要は実際の国内総生産(GDP)と同じであり、供給力は国内の労働力や製造設備などから推計される。需給ギャップがマイナスという場合、需要よりも供給力が多い状態を指し、企業の設備・人員が過剰で、物余りの状態になっていることを示す。GDPギャップ生産ギャップ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

需給ギャップ

企業の生産設備や労働力、技術力をフル稼働した潜在的な実質国内総生産(GDP)に対し、実際の需要を映したGDPがどれだけ離れているかを示す指標。GDPギャップとも呼ばれる。供給が需要を上回る状況(需給ギャップはマイナス)が、長期にわたる日本のデフレの一因とされている。08年のリーマン・ショック直後、需給ギャップのマイナス幅は拡大した。

(2010-06-19 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

需給ギャップの関連キーワードニューエコノミー論カバードワラントピークオイルギャップ分析農業労働者重化学工業潜在GDP金融政策経済政策装置産業狂乱物価不比例説原油高騰黒田東彦価格木材

需給ギャップの関連情報