霊気(読み)れいき

精選版 日本国語大辞典「霊気」の解説

れい‐き【霊気】

〘名〙 (「れいぎ」とも) 妙な。神秘的な気配・雰囲気。霊氛(れいふん)
※権記‐長保二年(1000)五月二五日「霊気自初託主人、聞難渋之勅語、怒目張口、忿怒非常也」
※仮名草子・恨の(1609‐17頃)下「弓矢のれいぎ」 〔管子‐内業〕

りょう‐げ リャウ‥【霊気】

〘名〙 生霊や死霊の類。ものの。つきもの。
※宇津保(970‐999頃)国譲中「とふにはりゃうけとぞ。されば真言院律師のもとに、消息いひ遣はしつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「霊気」の解説

りょう‐げ〔リヤウ‐〕【霊気】

もののけ。つきもの。
「―などいひて、物参らずなむありつるを」〈宇津保・国譲中〉

れい‐き【霊気】

神秘的な気配・雰囲気。「神域霊気にふれる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android