霊気(読み)リョウゲ

デジタル大辞泉の解説

りょう‐げ〔リヤウ‐〕【霊気】

もののけ。つきもの。
「―などいひて、物参らずなむありつるを」〈宇津保・国譲中〉

れい‐き【霊気】

神秘的な気配・雰囲。「神域霊気にふれる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れいき【霊気】

霊妙な気。あらたかな感じのする雰囲気。神秘的な気配。 「深山の-を感ずる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りょう‐げ リャウ‥【霊気】

〘名〙 生や死霊の類。もののけ。つきもの。
※宇津保(970‐999頃)国譲中「物とふにはりゃうけとぞ。されば真言院の律師のもとに、消いひ遣はしつ」

れい‐き【霊気】

〘名〙 (「れいぎ」とも) 霊妙な気。神秘的な気配・雰囲気。霊氛(れいふん)
※権記‐長保二年(1000)五月二五日「霊気自初託主人、聞難渋之勅語、怒目張口、忿怒非常也」
仮名草子・恨の介(1609‐17頃)下「弓矢のれいぎ」 〔管子‐内業〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霊気の関連情報