コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生霊 いきりょう

7件 の用語解説(生霊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生霊
いきりょう

生者の霊をいい,死霊とともに憑依霊の一つと考えられている。怨念をもって他者の肉体に憑依し,死にいたらしめることさえあると考えられ,祈祷師の呪術によるほかは逃れる法はないとされた。生魑魅 (いきすだま) もこれと同じものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょう‐りょう〔シヤウリヤウ〕【生霊】

生き霊」に同じ。

せい‐れい【生霊】

生物の霊長。人類。民。
生きている人の魂。いきりょう。
いのち。生命。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

生霊

1927年公開の日本映画。監督・原作・脚色:伊藤大輔、撮影:渡会六蔵。出演:中野英治酒井米子、中村秀郎、衣笠淳子ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうりょう【生霊】

いきりょう(生霊) 」に同じ。

せいれい【生霊】

〔生物の霊長の意〕 人類。人民。
生きている人のたましい。いきりょう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生霊
いきりょう

人に憑(つ)く人間霊のうち、生きた人の霊。これに対し死霊は、死者の霊が憑くことをいう。憑き物現象の憑依(ひょうい)霊の一種。
 ある人が、友人などに対し、ねたみ、そねみ、恨み、憎しみなどの激しい感情をもっていると、その人の霊は肉体から遊離して相手に取り憑いて苦しめ、ときには殺すこともできると考えられていた。『源氏物語』で、六条の御息所(みやすどころ)の生霊が葵(あおい)の上の臨月の衰弱につけこんで苦しめた話は有名である。『今昔(こんじゃく)物語』にも、離縁した妻の生霊が普通の姿をして深夜に前夫の家を訪れ、戸が締まっているのに、すきまから入り込み、前夫を取り殺した話がみえている。取り憑かれた側では、祈祷師(きとうし)などに頼んで、呪法(じゅほう)でこれを落とそうとする。しかし、ある症状を生霊の憑いたためだと判断するのも、ほかならぬ祈祷師であったから、憑き物現象の盛行と呪者の存在とは、互いに相関、共存の形をとることが多い。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の生霊の言及

【アニミズム】より

…〈気息〉や〈霊魂〉を意味するラテン語のアニマanimaに由来し,〈さまざまな霊的存在spiritual beings(霊魂,神霊,精霊,生霊,死霊,祖霊妖精妖怪など)への信仰〉を意味する。
[霊的存在とはなにか]
 霊的存在の典型としての霊魂soulについてみると,それは人間の身体に宿り,これを生かし,その宿り場(身体)を離れても独自に存在しうる実体である。…

※「生霊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

生霊の関連キーワード生き甲斐生き口生き血生き身生き物生理生路万物の霊長霊長

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生霊の関連情報