真言院(読み)シンゴンイン

世界大百科事典 第2版の解説

しんごんいん【真言院】

平安京の大内裏(だいだいり)にあった修法道場。宮中真言院,修法院,曼荼羅道場ともいう。834年(承和1)12月,空海の上奏により,唐の内道場に擬して設けられ,勘解由使(かげゆし)の庁舎が充てられた。そして,その翌年1月から始まった後七日御修法(ごしちにちみしゆほう)を行う場所であった。989年(永祚1)以来たびたびの災害で倒壊し,やがて朝廷の衰微とともに御修法も行われず,荒廃に帰した。【中井 真孝】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんごんいん【真言院】

平安京大内裏中和院の西にあった修法所。834年、空海の奏により設立。翌年から毎年「後七日ごしちにちの御修法」が行われた。 → 大内裏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんごん‐いん ‥ヰン【真言院】

平安京大内裏の西南、中和院の西にあった朝廷の修法道場。承和元年(八三四)の空海の奏請によって設置され、その壇上で後七日(ごしちにち)の修法を行ない、以後、毎年正月の恒例となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の真言院の言及

【後七日御修法】より

…天皇の身体安穏と国家の安泰・繁栄を祈って,毎年1月8日から7日間,宮中真言院で行われた真言宗の重要な儀式。元日から7日までの節会の後の,7日間の修法から後七日といい,真言院御修法,後七日法ともいう。…

※「真言院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真言院の関連情報