コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊雲 レイウン

デジタル大辞泉の解説

れい‐うん【霊雲】

尊く不思議な雲。めでたいしるしの雲。瑞雲祥雲

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

霊雲 りょううん

?-? 飛鳥(あすか)時代の僧。
唐(とう)(中国)にわたり,吉蔵に三論をまなぶ。舒明(じょめい)天皇4年(632)(みん)とともに帰国,元興(がんごう)寺にはいる。大化元年十師の制がもうけられた時,福亮,旻らとその一員にえらばれた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

れいうん【霊雲】

不思議で尊い雲。瑞雲ずいうん。祥雲しよううん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

霊雲の関連キーワード京都府京都市東山区本町黒光 茂樹霊雲院襖絵霊雲院庭園犬上御田鍬立羽不角望月玉蟾狩野祐雪狩野元信渡辺雲照太原崇孚山田無文大岡春卜戒壇院清水寺あすか妙心寺真言宗浄厳太極

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android